• ホーム
  • STDにかかってしまったら早めに医療機関を受診

STDにかかってしまったら早めに医療機関を受診

病原体

STDにかかってしまったかもしれないと感じたら、早急に医療機関を受診する必要があります。性病科を受診することに抵抗がある人は少なくありませんが、何かしら違和感があるのであれば早期発見のためにも、直ちに病院を訪れなければなりません。病気の早期発見が可能となれば、素早い治療によって症状を最低限に抑えることができたり、すぐに完治させたりすることができる場合もあります。

性感染症になったかもしれないという疑いがあるとき、病院に行こうとは思うけれど、何科を受診すればいいのかわからないと困ってしまう人は少なくありません。性病科があれば性病科を選べばよいですが、近くにそういった医療機関がない場合はどういった病院を訪れるか迷ってしまうものです。性器に炎症など症状がある場合、男性は泌尿器科、女性は産婦人科を訪れることがおすすめだと言えます。また、喉に違和感がある場合は耳鼻咽喉科、皮膚に異常がある場合は皮膚科、腹部などに痛みがある場合は内科でも性病の検査を行ってもらうことができる場合もあるので、症状に適した病院を選ぶと良いでしょう。

感染者数が多い性器クラジミアや淋病も、泌尿器科や産婦人科で検査してもらうことができます。喉に感染しているおそれがある場合は、耳鼻咽喉科を訪れても良いです。性器クラジミアや淋病は皮膚に大きな症状があらわれることはほとんどないので、皮膚科よりもこれらの医療機関の受診が適していると言えます。その一方で梅毒をはじめとした皮膚への異常が起こりやすいSTDのおそれがある場合は、皮膚科で検査を行ってもらうのも良いでしょう。

STDのなかには、症状が数日しかあらわれないものもあるので、つい性感染症であることを見逃してしまいがちです。炎症や痛みなどが生じても、それらの症状が緩和すると治ったと勘違いしてしまう人も多いと言えます。しかしながら、性感染症は自然治癒することがないので、症状があらわれなくなったからと言って、完全に治ったわけではないのです。自覚症状がなくても、病原菌を保有したままであり、治療しないままパートナーと性行為を行ってしまうと、パートナーに病気を移してしまうかもしれません。そのため、些細なことであったとしても性器や皮膚、喉などに違和感を覚えたら、早期受診が必要だと言えます。

性感染症になってしまった人のなかには、病院に行ったら予防していなかったことを怒られるのではないかと不安に思っている人も少なくありません。次回から気をつけるべきことの指導は行われるかもしれませんが、感染したことに対して怒られることはありませんので、安心して医療機関を訪れると良いでしょう。反対に自覚症状がありながらも受診しなければ、耐えきれなくなってから医療機関にかかると、何故すぐに受診しなかったのかと怒られる可能性があります。早期発見や適切な治療のためにも、STDの自覚症状があれば直ちに病院へ行きましょう。

関連記事
STD治療薬はどのようにすれば手に入るのか? 2019年09月04日

STDになってしまったと発覚したとき、病院に行くことを躊躇う人は少なくありません。性感染症を患ってしまったことを恥ずかしく思う気持ちがある場合や、医療であっても性器を医師に見られてしまうことに抵抗があるという場合は、なかなか医療機関を訪れる決心ができないものです。性感染症は、症状に応じた薬を服用する...

パートナーもSTDに感染している可能性があります 2019年10月11日

もし自分が性感染症を患っていたのであれば、パートナーも同じ病気になっている可能性があります。性感染症になっていたことをパートナーに告白することは、とても勇気が必要なことだと言えるでしょう。浮気などをしておらず、他の人と身体の関係がなかったとしても、前の恋人から移されていた可能性があります。いつ頃感染...

自覚症状の少ないSTDの感染対策とは? 2019年08月22日

STDのなかには自覚症状が少ないものもあるので、パートナーが感染していることに気づかないまま、オーラルセックス及びコンドームを使用しない性交渉を行うことで自分まで移ってしまう可能性があります。無症状の性感染症を患った場合、知らず知らずのうちにパートナーに移してしまう可能性があるだけではなく、病気であ...

STDの疑いがあるなら一度検査を受けてみましょう 2019年11月18日

STDは早期発見によって、病院で適切な治療を行ってもらったり、薬を処方してもらったりすることができます。早期発見のためには検査が必要不可欠であり、性器や体調などに違和感や異常がある場合は直ちに病院を受診する必要があるでしょう。これまで病院で性病チェックを行ったことがないという人は、どのような手順で行...

不妊症や子宮外妊娠の原因になります 2019年10月29日

STDを治療することなく放置してしまうと、症状が悪化したり大きな病気を引き起こしたりするので、病院に行かなかったことを後悔することになるでしょう。性感染症を放置した結果として起こる重要な問題には、不妊症や子宮外妊娠があります。オーラルセックスなどの簡単な感染経路で移ってしまうことが多い性感染症ですが...