• ホーム
  • 自覚症状の少ないSTDの感染対策とは?

自覚症状の少ないSTDの感染対策とは?

白い錠剤

STDのなかには自覚症状が少ないものもあるので、パートナーが感染していることに気づかないまま、オーラルセックス及びコンドームを使用しない性交渉を行うことで自分まで移ってしまう可能性があります。無症状の性感染症を患った場合、知らず知らずのうちにパートナーに移してしまう可能性があるだけではなく、病気であることに気づかず治療せずに放置してしまう可能性もあるのです。痛みやかゆみをはじめとした症状や、日常生活への支障がないのであれば、わざわざ治療する必要はないと感じる人もいるかもしれません。たしかに初期段階では、それほど大きな影響を受けることがないSTDも多いのですが、それらを放置してしまうと病気が進行してしまい、不妊症などの重い症状を引き起こす場合もあるのです。不妊症の言葉から女性がなるものだと思ってしまう人も少なくありませんが、STDが原因の無精子症もあるため、男性も無関係だとは言えません。

それぞれの病気によって具体的な症状は異なっていますが、なかには数日間かゆみや痛みを感じたり小さな発疹があらわれたりするだけで、他には何もないというものもありますし、軽い風邪のような症状だけという場合もあります。パートナーや自分に性感染症になったという自覚症状がなければ、お互いに病気を移してしまう可能性があるのです。しかしながら、自覚症状の少ないSTDへの対策がないわけではありません。事前にパートナーと一緒に性感染症の検査を受けておくことで、お互いが病原菌を保有していないかどうかチェックすることができますし、性交渉を行うときに必ずコンドームを用いることでも予防することができます。

STDに感染したとき、激しい痛みや目に見える症状があらわれることもあれば、無症状である可能性もあります。いずれにせよ、感染したらすぐに病院を受診して適切な治療を受けなければ、病気が進行して重大な症状を引き起こすかもしれません。症状があらわれてから病院にいけば良いと思っている人もいるかもしれませんが、無症状の場合は放置してしまう可能性があります。ですから、何かしらの異変があらわれてからどうにかしようと考えるのではなく、たとえパートナーと性行為を行う場合であっても、常にSTDのリスクを考えた行動をとる必要があるのです。

自覚症状があらわれにくいSTDになってしまうと、感染自体に気づくことができなかったり、発見が遅れてしまい治療が長引いたりすることもあります。STDにならないようにするためには、定期的に性感染症の検査を行い、性行為の際には予防を忘れないということが大切です。女性のなかには、避妊具を使用してほしいと言いづらいと感じている人も少なくありませんが、お互いを大切な存在だと思っているのであればパートナーも了承してくれます。ひとりで対策できるものばかりではありませんので、STDへの感染対策はパートナーと相談して行うことが必要だと言えるでしょう。

関連記事
パートナーもSTDに感染している可能性があります 2019年10月11日

もし自分が性感染症を患っていたのであれば、パートナーも同じ病気になっている可能性があります。性感染症になっていたことをパートナーに告白することは、とても勇気が必要なことだと言えるでしょう。浮気などをしておらず、他の人と身体の関係がなかったとしても、前の恋人から移されていた可能性があります。いつ頃感染...

STDにかかってしまったら早めに医療機関を受診 2019年09月23日

STDにかかってしまったかもしれないと感じたら、早急に医療機関を受診する必要があります。性病科を受診することに抵抗がある人は少なくありませんが、何かしら違和感があるのであれば早期発見のためにも、直ちに病院を訪れなければなりません。病気の早期発見が可能となれば、素早い治療によって症状を最低限に抑えるこ...

STD治療薬はどのようにすれば手に入るのか? 2019年09月04日

STDになってしまったと発覚したとき、病院に行くことを躊躇う人は少なくありません。性感染症を患ってしまったことを恥ずかしく思う気持ちがある場合や、医療であっても性器を医師に見られてしまうことに抵抗があるという場合は、なかなか医療機関を訪れる決心ができないものです。性感染症は、症状に応じた薬を服用する...