公開履歴
薬を飲んでいる男性

STDは性交渉によって感染する病気全般のことを指しており、SexuallyTransmittedDiseasesつまり、性により感染する病気を英語表記したものの頭文字を並べたものだと言うことができます。STDはオーラルセックスを含む性行為で感染する病気であり、性交渉を行う人であれば、誰でも無関係ではない病気です。無症状と言って、発症したことが感じられない種類の病気もあれば、激痛を伴うものもありますし、放置しておくと深刻な病気に悪化してしまうケースもあるなど、患った種類によって内容は大きく変わります。いずれにしても、性感染症は自然と治るものではありませんので、自覚症状があらわれたらすぐに病院を受診して早期発見することが大切だと言えます。

クラミジアやヘルペス、梅毒や淋病も性行為によって感染するものなので、STDに含まれているのです。これらはオーラルセックスが原因だと言われていますが、実際のところはオーラルセックスを含む、いくつかの性行為が関係している病気だと言えます。コンドームを使用せずに挿入を行った場合や肛門での性交を行った場合、キスを行ったときに移ることもあるのです。感染経路はいくつかありますが、このなかでオーラルセックスによる感染が多いため、STDの原因はオーラルセックスだとされることが多いと言えます。

コンドームなしの性交や、肛門への挿入を行うカップルは比較的少ないです。それと比較すると、オーラルセックスを行うカップルは非常に多く、感染する確率も高くなると言えるでしょう。性器から喉へ病原菌が移ったり、反対に喉から性器へと病原菌が移ったりすることもあり得るのです。そのときにパートナーとしか身体の関係を持っていないとしても、それ以前に性感染症患者と性交渉を行っていれば、病原菌を移されている可能性があるので注意が必要だと言えます。STDはオーラルセックスをはじめとした性行為によって、高い確率で移ってしまうものもあるので、症状が感じられる人や心配である人は検査を行ったほうが良いです。

STDによって引き起こされる症状は、各病気によって内容が異なります。たとえば、尿道や膣の炎症、イボや発疹があらわれる、喉への痛みが生じるなどの症状があります。もちろん、ひとつの病気に対して症状はひとつだけではありません。例を挙げると、クラミジアでは性器の炎症が起こるだけではなく、下腹部への痛みや、喉に感染するとそちらの痛みも生じるなど複数の症状があらわれるのです。

性行為を行う人であれば誰にでも感染するおそれがある性感染症なので、STDをおそろしいものだと思う人は多いでしょう。けれども、現在は医療技術の進歩によって、STDの治療法も優れたものが誕生しています。昔は不治の病だとされていた梅毒も、早期発見によって完治することができるようになりました。完治することが難しい場合でも、適切な治療を受けることで症状を緩和することは不可能ではありません。性感染症かもしれないと感じた場合は、すぐに医療機関を受診することが大切だと言えます。

すべての病原菌を防ぐことはできませんが、膣への挿入や肛門への挿入時に、男性器にコンドームを着用することで防ぐことができる性感染症もあるのです。しかしながら、オーラルセックスを行う際に避妊具を用いるカップルは少ないので、どちらかが病原菌を保有していると移ってしまう可能性が高いです。オーラルセックスをするときにもコンドームを使用することで予防できたり、感染確率を下げたりすることができます。ヘルペスや淋病を含むSTDは多くのカップルに関係があるものだと言えるので、どのような病気であるかをはじめとして、症状や感染経路、予防策に対する正しい知識を持っておくことが大切です。

記事一覧
パートナーもSTDに感染している可能性があります 2019年10月11日

もし自分が性感染症を患っていたのであれば、パートナーも同じ病気になっている可能性があります。性感染症になっていたことをパートナーに告白することは、とても勇気が必要なことだと言えるでしょう。浮気などをしておらず、他の人と身体の関係がなかったとしても、前の恋人から移されていた可能性があります。いつ頃感染...

自覚症状の少ないSTDの感染対策とは? 2019年08月22日

STDのなかには自覚症状が少ないものもあるので、パートナーが感染していることに気づかないまま、オーラルセックス及びコンドームを使用しない性交渉を行うことで自分まで移ってしまう可能性があります。無症状の性感染症を患った場合、知らず知らずのうちにパートナーに移してしまう可能性があるだけではなく、病気であ...

STDにかかってしまったら早めに医療機関を受診 2019年09月23日

STDにかかってしまったかもしれないと感じたら、早急に医療機関を受診する必要があります。性病科を受診することに抵抗がある人は少なくありませんが、何かしら違和感があるのであれば早期発見のためにも、直ちに病院を訪れなければなりません。病気の早期発見が可能となれば、素早い治療によって症状を最低限に抑えるこ...

STD治療薬はどのようにすれば手に入るのか? 2019年09月04日

STDになってしまったと発覚したとき、病院に行くことを躊躇う人は少なくありません。性感染症を患ってしまったことを恥ずかしく思う気持ちがある場合や、医療であっても性器を医師に見られてしまうことに抵抗があるという場合は、なかなか医療機関を訪れる決心ができないものです。性感染症は、症状に応じた薬を服用する...